忍者ブログ
小遣い稼ぎの情報と身近なニュースの紹介
カレンダー
最新トラックバック
プロフィール
HN:
やっさん777
性別:
男性
自己紹介:
手話・要約筆記のボランティアやってます。もうすぐ
定年なので定年後にできる在宅ビジネスさがしてます
紹介してください
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
free counters
忍者アド
フリーエリア
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
アクセス解析
 
忍者アド
忍者アド
広島市の土砂災害などにより全国的に防災意識が高まる中、1日の「防災の日」に先だって8月31日、全国各地で防災訓練が行われた。さまざまな防災グッズも登場しているが、オフィス用文具メーカーのキングジム(東京都千代田区)は避難所での環境改善を目指し、着たまま身動きがとれる人形(ひとがた)寝袋「着る布団&エアーマット」(税込み4860円)を26日に発売する。「余震があってもすぐ逃げられそう」などとネット上では早くも話題を呼んでいる。


 布団を着たまま電気を消しに行ったり、トイレに行ける。余震が来たらそのまま逃げられる。「着る布団」を開発したのは、防災グッズメーカーではなく、文具メーカーだ。発案したキングジム商品企画部の鈴木信雄さん(44)は「3・11が開発のきっかけになりました。見た目ではなく、実用性重視です」と話す。自身も宮城県多賀城市にある妻の実家が被災したという。文具メーカーならではの発想で防災グッズを開発したいという思いがあった。


 東日本大震災が起きた2011年3月11日、交通機関がまひした首都圏の帰宅困難者は515万人(内閣府推計)に及んだ。勤め先で一夜を明かすことを余儀なくされた多くの人からは「寝られる場所がなかった」「床は硬くて冷たくて眠れない」などという声が上がった。「着る布団」は160センチ×60センチのフリーサイズで、手動ポンプでふくらませるエアーマット付き。一緒にA4サイズの箱に収め、書類などとともにオフィスの棚に保管できる。

 東京都は昨年4月、帰宅困難者対策条例を施行。災害時には、交通の混乱を避けるために施設の安全を確認した上で従業員を事業所内にとどまらせることを各企業への努力義務とした。新商品は当初、新条例を受けての企業向けの需要を狙ったものだった。


 ところが、問い合わせは企業だけでなく個人からも殺到。同社広報部は「予想外の反応。広島の土砂災害で防災意識が高まったためではないか」と話している。広島市の土砂災害で、避難所での生活が長期化し、必要性が生じれば、寄付することも検討しているという。(甲斐 毅彦)

送料無料 9月26日新発売!キングジム 着る布団&エアーマットBFT-001 災害時に備え、いざという時にすぐ動ける簡易寝袋が登場!

送料無料 9月26日新発売!キングジム 着る布団&エアーマットBFT-001 災害時に備え、いざという時にすぐ動ける簡易寝袋が登場!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
Free Image Hosting  [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス  
   【買取専門店】ギター高く売れるドットコム
Copyright © 2008 やっさんの小銭稼ぎ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS