忍者ブログ
小遣い稼ぎの情報と身近なニュースの紹介
カレンダー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
やっさん777
性別:
男性
自己紹介:
手話・要約筆記のボランティアやってます。もうすぐ
定年なので定年後にできる在宅ビジネスさがしてます
紹介してください
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
free counters
忍者アド
フリーエリア
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
アクセス解析
 
忍者アド
忍者アド
死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相 単行本 – 2018/8/25 ドニー・アイカー

(著), 安原和見 (翻訳) 単行本 ¥ 2,538

1952年ウラル山脈での不気味な遭難事故。隕石かソ連か宇宙人か?米国人ジャーナリストがその真相に

挑む!奇界遺産の佐藤健寿推薦 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》── その全貌と真相を描

く衝撃のノンフィクション!



死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相 ドニー・アイカー 3位 → 登山・アウ

トドア・釣り部門 楽天ブックス週間ランキング(2018年12月24日-2018年12月30日)ランキングを見る

2,538円(税込)送料無料

一九五九年、冷戦下のソ連・ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム九名はテントから一キロ半ほど

も離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着

けておらず、全員が靴を履いていない。三人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの一人は舌を喪失。

遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」

と語るのみー。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から五〇年を経てもなおインターネットを席

巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達し

た驚くべき結末とは…!


オカルト・クロニクル 単行本 単行本(ソフトカバー)

¥ 1,944

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
Free Image Hosting   Free Image Hosting    【買取専門店】ギター高く売れるドットコム
Copyright © 2008 やっさんの小銭稼ぎ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS